甲板掃除の抗界日誌
快賊団設立を目指す、下積み清掃員の日誌。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曖昧地雷 ~あい まい まいん~
四月二十二日 ねむい ねむい 風浪階級 2.Smooth(小波)


いやあの子かわいいけどなんかさ。


ごきげんよう、百式です。
ナチュラルなようじょがすきです


なんか。
ノリで小説書いたから乗せる。



「氷河を待つ人」 百式、






ヒョウガ「ヒョオオオ!俺はヒョウガをまつぞおお!」
ヒョウガ「おっと俺!火ィ王が葉俺じゃないか!」
火ィ王「貴様!我がナを借りるとはコレ以下に!貴様はこのG以下だ!」
ヒョウガ「なにい!この俺が黒光するG以下だと・・貴様!そこに直れ!」
火ィ王「貴様貴様貴様ー!」
ヒョウガ「きさまー!貴様といえば住むと思っているだろう!貴様の意味を知っているのか!」
火ィ王「もちろん!お前という意味だ!お前!お前!お前・・・誰・・」
ヒョウガ「俺はヒョウガ!待ってろよ!」
火ィ王「うん。待ってる。・・・いつまでも」
ヒョウガ「ああ!ああん!こpのあふれるヒロイン力!」
火ィ王「ひぃほう!ひぃほうは俺だだあああ!」
ひぃほう「ちょおxっとまてぇえ!」
ヒョウガ・火ィ王「お前・・誰・・」
火ィ砲「我がナはひいぉう!変化する名前たち!全てのナをツカサ老・・!ツカサ老・・なっ!」
ツカサ老「まだ布団を敷くには火が高い」
ヒョウガ「んほぉおおお!!」
そのときヒョウガに電流はしるー!
火ィ王「なんという汚いアクメ面だ!この陰倍目!」
ヒョウガ「我が技見切れるか・・!シャドウトゥワイスアイズ!」
セカイは闇に包まれる!
深淵の暗闇に覗く二つの光!
鋭き眼光!
ヒョウガのひとみ!
悪・ヒョウガ「悪!俺が開く!オープンマイマインド!あい★まい★まいん!」
火ィ王「くうう!なんというヒロイン力!アトリィイイイイ!大好きだぁあああ!」
火ィ王が雄たけびと共にヒョウガに喰らいつく!
悪・ヒョウガ「嘘つきィ!」
ヒョウガのいてつく右爪が非ィ王をつらぬく!
非ィ王「オゴォオオオオ!俺は診断だー!」
非ィ王はヒョウガのシャツをめくり乳首をなめ回すように見て実際になめ回す!
非ィ王「ぺろぺろ」
その姿すでに王にあらず!まさに非ィ王!
非ィ王「ここがいいんだろう」
悪・ヒョウガ「いいのよ」
しかし!悪となったヒョウガにその技が通じるわけもなく!
ただ一夫イ的に!夫として!尻にしかれるのだ!
悪・ヒョウガ「プリンセスお尻ぷりん☆セス!」
非ィ王「ひゃあ☆」
ひぃほう「ひぃほう!」
ヒョウガ「貴様!マリオカ!マリオのごときぱゥワー!マリオカート!」
そのときヒョウガが懐からとりだしたのはまり尾カーと!神速の具足!
ヒョウガ「俺のカートは50ccまであるぞ・・!」
ヒョウガは走り出した!
ヒョウガ「俺は走り出した!」
ヒョウガはアクセルを踏んだ!
ヒョウガは走り出した!
非ィ王「そんなに急いでどこへ行くつもりだ・・そんなにやべえのか」
ヒョウガ「ああ」
非ィ王「マジか」
ヒョウガ「マキが、まじで、やべえんだ」
ヒョウガは走り出した!
非ィ王「まってええ!めってええ!ヒョウガあああ!」
ヒョウガ「俺は立ち止まらない!なぜなら俺は男だから!しに行く男たちは愛する男たちのために!」
非ィ王「貴様アあああ!ホモ・サピエンスかああ!抱いてええ!」
ヒョウガ「NON!真っ平ゴメン!」
真っ平「いいのよ」
非ィ王「まってえええ!」
叫びむなしく、地平線の彼方へと消え行くヒョウガ!
その姿が消える前に火ィ王は背を向け、呟いた。
非ィ王「私・・待ってるわ・・いつまでも」

―完―



船長殿に報告!

小説です。

Weigh anchor.
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

小……説……?
書いた本人が言うのなら、きっと小説なのでしょう。
ただし私は認めない。

認めてなんて……あげないんだから……っ
【2009/04/22 21:55】 URL | チャバ3 #HdXTMQ3I [ 編集]


何か辛いことでもあったんですか?
言ってる事が支離滅裂……って、いつもの事でしたね
失礼しました
【2009/04/23 01:40】 URL | 縁の下で爆睡中 #YhxRTNrk [ 編集]


しょう・・せつ!? こういうノリ 好きだぜ?

ヒョウガ「NON!真っ平ゴメン!」
真っ平「いいのよ」

ワロタ・・・部屋の隅に飛んでったガム返せよ・・
【2009/04/25 15:30】 URL | おれがボンパッチ! #- [ 編集]


みんな何を言ってるんだ!これが小説じゃないなんて…そんなわけないだろ!
これは間違いなく小説だ!
【2009/04/26 01:34】 URL | ジグザストライク #- [ 編集]


>チャバ
小説だ。

>バクスイ
作品の持ち味だ。

>ボンパッチ
俺がかんだあとのガムでいいなら。

>ジグザグ
作品の感想、ご意見などは編集部にどうぞ。


ちなみに誤解の無いように言っておくと実はこれは狂皇陛下の作風を模してみたものだ。
あとアトリは大嫌いだ
【2009/05/12 01:00】 URL | 百式、 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














清掃員にひみちゅのコール


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://100slog.blog51.fc2.com/tb.php/373-cf1ffa1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

百式、 

Author:百式、 
性別:男

属性:ロリ。八卦は「離」。火属性だそうで。
趣味:げえむ。なんちゃってドッター。ヘボピアノ。文章書いたり。
スキ:愛すべき不人気。自転車。お歌。旅。ヴァカ。

好きな色はピンク色。
のうみちょもピンク色です。

人が来るようなのでブログ説明。
このブログは、快賊団(トップクラスの同人ゲームサークル)設立を目指す、清掃員(下積み中のひと)のブログです。

幼分が補給できないともだえます。
幼分を補給させてももだえます。
もだえ石!
ぶるぶる。

コメントとか相互リンクとかボーノ!

つおいこだからなじられてもボーノ!

マエストロクック物は食したら叫べボーノ!



カテゴリ



最近の日誌



清掃員のつぶやき



訪れた謎の方々

+3850人の方がなずぇか訪れました



りすぺくと(一方的リンク)





おともだち。そぅご。





ステキ相棒



清掃記録

全ての記事を表示する



日誌サーチャー




 バナーですよー。
 本当はサイトのほうのバナーだけど。
 当分はブログバナーということで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。