甲板掃除の抗界日誌
快賊団設立を目指す、下積み清掃員の日誌。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はカムフラージュ
五月十三日 土曜日 ゆらぁり 風浪階級 1.Calm(さざ波)


ごきげんよう、百式です。
真っ先に空白を反転したアナタ、慣れてますね。
名前の話でもしようか。
表の話を見てからココを見るアナタ、プギャー。
はい、表の文章は裏のためのカムフラージュです。
驚くことに。
ここ数年ほど故障していた、ワタクシの誇る「幼女レーダー」が復活の兆しを見せています。
あるところに、「百式。」という男がいた。
「我は一。それのみで完成し完結しており絶対である」
そんな意味でつけられた「。」であった。
昔は凄かった。
米粒サイズでもそれが幼女か否か感じたり
しかし彼は気付いた。
何もいないところを急に指差し感じる……とか言い出したらそこに幼女が出現したり
彼は究極でもなんでもなく。
ただの一般人であり。
未完成であるという、当たり前のことに。
視界に入っていないのにその数を把握したりと、まあビックリ人間のような能力が実際にあった
酷く遅く、気付いた。
ちなみに実証済みである。吐血や魂は知っているぞ
彼は悔やんだ。
自分はなんて阿呆だったのかと。
それが……劇場による幼分インフレのせいか、最近はまったく発現されなかった
よって彼は「。」をはずした。
しかし最近復活の兆しを見せたのである。
変わりにつけたもの。
今日は自転車の気分だな……とチャリで学校まで行けば登校時間と符合し
「、」
今日はこっちの道ではないといけない気がすると進んだら遠足の集団に出くわす
自分はまだ未完成であり、完成などないという戒め。
「藤岡 弘、」殿の言葉。
そして友の忠告。
そんなことが立て続けに起こった。
それらがこめられた記号であった。
幼女レーダーが復活するやもしれん!
我が特殊能力!
ソレの発現すなわち!
「百式、」の誕生である。
ということだ。
久しぶりの裏日記はおもしろいのう
またいつか会うだろう

船長殿に報告!
だからコレをすずろとか見たらどうしようってば!
アイアム清掃員!
幼女でないとダメってワケじゃないんだがなあ……本当の原因はなんだろう。
Weigh anchor.
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はたして「。」になる日が来るのやら。日々精進(´ー`)ノ
【2006/05/16 20:00】 URL | さとし #- [ 編集]


そんな意味があったとは・・・!唯のタイプミスじゃなかったんですね!
【2006/05/16 22:17】 URL | すずろ #- [ 編集]


ていうか「、」って付いてたんですか。
……気付きませんでした
【2006/05/17 06:45】 URL | チャバ3 #HdXTMQ3I [ 編集]


>ピカピ
うむ。
精進精進。

だからアイムソービジー。

>すずろ
そうなのですよ。
……まだ名前の記号にしか触れてませんがネ。

>チャバ
気付け
【2006/05/18 22:08】 URL | 百式、 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














清掃員にひみちゅのコール


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://100slog.blog51.fc2.com/tb.php/81-17bba537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

百式、 

Author:百式、 
性別:男

属性:ロリ。八卦は「離」。火属性だそうで。
趣味:げえむ。なんちゃってドッター。ヘボピアノ。文章書いたり。
スキ:愛すべき不人気。自転車。お歌。旅。ヴァカ。

好きな色はピンク色。
のうみちょもピンク色です。

人が来るようなのでブログ説明。
このブログは、快賊団(トップクラスの同人ゲームサークル)設立を目指す、清掃員(下積み中のひと)のブログです。

幼分が補給できないともだえます。
幼分を補給させてももだえます。
もだえ石!
ぶるぶる。

コメントとか相互リンクとかボーノ!

つおいこだからなじられてもボーノ!

マエストロクック物は食したら叫べボーノ!



カテゴリ



最近の日誌



清掃員のつぶやき



訪れた謎の方々

+3850人の方がなずぇか訪れました



りすぺくと(一方的リンク)





おともだち。そぅご。





ステキ相棒



清掃記録

全ての記事を表示する



日誌サーチャー




 バナーですよー。
 本当はサイトのほうのバナーだけど。
 当分はブログバナーということで。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。